治療例のご紹介|日本橋で歯医者をお探しならTI歯科医院まで|page2

  • 0336668818
    • 診療時間
    • 10:00~13:00 / 14:00~19:00 ※土日祝休診
  • ネット予約はこちら

治療例のご紹介

歯の急なしみる痛み:歯の破折

冷たい水や熱いお湯が急に歯にしみて痛むようになる時がありませんか?しばらく歯医者から遠ざかっており虫歯が進行してしまった場合や、歯周病の進行により知覚過敏が生じている場合が多いのですが、噛みしめ(歯ぎしり、食いしばり)が強かったり歯の噛む面に部分的な金属の詰め物をしている方は要注意です!もしかしたら歯が割れて(破折して)しまっている場合があるからです。 痛みを感じるということは何かしらの変化が起き...

続きを読む

歯の着色

ある日、鏡でよく見ると自分の歯が茶色くなっていることに気付いた方、ショックなことに自分で気付く前からすでに周りの人たちに「○○さんは歯が茶色い」と思われていたかもしれません・・・。 歯が茶色くなるのには変色と着色があります。簡単に言うと、変色は歯の質や内部的な色の変化、着色は表面的な色の変化を意味しています。 変色の理由としては、加齢によるもの、薬物(テトラサイクリン、フッ素)によるもの、虫歯によ...

続きを読む

銀歯を白い歯に(保険適用コンポジットレジ...

これまでの歯科治療技術および歯科材料の発展により、前歯だけでなく奥歯においてもコンポジットレジンと呼ばれる白い樹脂によって虫歯治療(正しくは歯冠修復)をすることが可能になりました。すでに奥歯に装着されている銀の詰め物も、コンポジットレジンに置き換えて白い歯にすることができます。ただし、銀の詰め物が歯の大部分を覆うような症例や、歯ぎしりや食いしばりの癖があり歯に過度の力が加わってしまう症例ではコンポ...

続きを読む

乳歯の抜歯(下顎の2枚歯)

小学校に通う前後になると、乳歯から永久歯への生え変わりが進んでいきます。通常、永久歯が歯肉の中から外に出ようと伸びてくるにしたがって乳歯の根は吸収していき、やがてはグラグラになって抜け、そこから永久歯が生えてきます。しかし、乳歯がなかなか抜けずにその外側や内側から永久歯が生えてきてしまうこともあります。 特に下あごの前歯部では永久歯が内側から生えてこようとするため、一般的に「2枚歯」と呼ばれる状態...

続きを読む

舌の口内炎(難治症例)

口内炎とは歯肉や舌などの粘膜に生じる炎症反応の総称です。この中でも舌に生じる口内炎は、会話や食事の度に痛く辛いものです。 口内炎の発症原因は様々ですが、通常1~2週間で自然に治るものです。痛みの強い時にはケナログやデキサルチンなどの口腔用軟膏を塗布すると治りが早くなります。また、熱い飲み物や過度の香辛料、タバコなどの刺激物を避け、患部を安静・清潔に保つことも大事です。ただし、ごくまれに悪性が疑われ...

続きを読む

小臼歯の白いかぶせ物(ハイブリッドレジン...

平成26年4月から小臼歯(犬歯の後ろ2本、前から数えて4、5番目の歯)に対するハイブリッドレジンCAD/CAM冠を用いた治療が保険適用となりました。 これまでも保険治療で小臼歯に白いかぶせ物を装着することはできましたが、材質がレジン(プラスチック)に限られていたため、非常に割れやすく、またすり減りやすいことからあまり用いることはありませんでした。必然的に小臼歯には銀歯を被せることになり、審美性(見...

続きを読む

歯のホワイトニング

ホワイトニングは表面的な歯の汚れを落とすいわゆる「歯のクリーニング」とは違います。 薬剤を歯の表面から浸透させ、内部に染みついた色素を分解して歯の内側から白くする方法です。歯を削ったり被せ物をしたりすることなく、自然で透明感のある本来の歯の白さを取り戻すことができます。 ホワイトニングには歯科医院などで行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」がありますが、2つの方法を...

続きを読む

ページトップへ戻る