ジルコニアブリッジ:見た目が良く強度のあるブリッジ|日本橋で歯医者をお探しならTI歯科医院まで

  • 0336668818
    • 診療時間
    • 10:00~13:00 / 14:00~19:00 ※土日祝休診
  • ネット予約はこちら

治療例のご紹介

ジルコニアブリッジ:見た目が良く強度のあるブリッジ

2021.03.04

「歯を失ってしまった」→「歯を入れたいがインプラントには抵抗がある」→「取り外しの入れ歯は嫌だ」→「見た目がきれいで長持ちする治療法が良い」という患者様には【ジルコニアブリッジ】がお勧めです。ここでは「ジルコニア」と「セラミックス」の違いとその特性について簡単に説明いたします。

 

 

 

 

 

 

 

ジルコニア」は金属ではありませんが人工ダイヤと呼ばれるほど非常に硬い材料で、1⃣見た目が良く、2⃣耐久性に優れており、3⃣汚れがつきにくく清掃性に優れ、4⃣生体親和性がよく接している粘膜が炎症を起こしにくい、5⃣金属アレルギーを生じない、など歯科材料として非常に多くのメリットを持ちます。唯一、保険がきかずに自費診療になってしまうことが欠点と言えます。

 

ジルコニア」も「セラミックス」の一種なのですが、一般的に「セラミックス」と区別して「ジルコニア」と呼ばれています。「セラミックス」も上記1⃣~5⃣の特性を持っていますが、1⃣の見た目については「セラミックス」>「ジルコニア」、2⃣の耐久性(強度)については「ジルコニア」>「セラミックス」の関係にあります。

 

少しややこしくなりますが、「ジルコニア」単体で作られたクラウン(ブリッジ)を「フルジルコニアクラウン(ブリッジ)」や「モノリシックジルコニアクラウン(ブリッジ)」と呼ぶこともあります。今回紹介しているのはこのタイプになります。

一方、「ジルコニアセラミックスクラウン(ブリッジ)」というと「ジルコニア」で作ったフレームの表面に「セラミックス」を積層して仕上げたものを指します。「ジルコニア」の強度と「セラミックス」の審美性を併せ持ち、前歯のクラウン(ブリッジ)に使用されることが多いのですが、強い力が加わると「ジルコニア」と「セラミックス」の界面にヒビが入り「セラミックス」がはがれてしまうというトラブルがあります。より強度を求めるのであれば「フルジルコニア」が好ましいということになります。

 

ジルコニア」は固すぎて咬み合う反対側の歯(対合歯)を傷つけてしまうと言われることがありますが、しっかりと鏡面研磨したしたジルコニア対合歯との摩擦が小さく、歯科材料の中で最も対合歯の摩耗が少ないと報告する研究が数多くあります。さらに「ジルコニア」はその耐久性から傷もつきにくいため、年数がたっても表面性状があれることがほとんどありませんので、長期間にわたり対合歯に優しい材料と言えます。

 

見た目(審美性)については、以前の「ジルコニア」は透光性(透明度)に劣っていましたが、最近では強度を保ちつつ透光性にも優れ、さらに単色ではなくグラデーションも付与された「ジルコニア」が使用されるようになっており、周りの歯に調和した自然な仕上がりにすることができるようになりました。上の【ジルコニアブリッジ】の写真をよく見ると色味にグラデーションがついているのが確認できると思います。

 

費用については料金のご案内をご覧ください。当院では基本的に「¥99,000(税込)×ブリッジの歯数」となります。上の写真の【ジルコニアブリッジ】の場合は¥297,000(税込)となります。尚、歯を削る費用や型を取る費用も含まれます。

 

噛み癖が強かったり、噛み合わせの状態によっては【ジルコニアブリッジ】が適用できない場合もございます。まずはしっかりとした口腔内診査と検査が必要です。ご予約はお電話もしくはネット予約で承ります。

 

ページトップへ戻る