うがいでは取れない「プラーク(歯垢)」とハブラシでは取れない「歯石」|日本橋で歯医者をお探しならTI歯科医院まで

  • 0336668818
    • 診療時間
    • 10:00~13:00 / 14:00~19:00 ※土日祝休診
  • ネット予約はこちら

治療例のご紹介

うがいでは取れない「プラーク(歯垢)」とハブラシでは取れない「歯石」

2020.07.13

【プラーク(歯垢)とは】

プラーク(歯垢)とは歯の表面に固く付着する細菌を含むかたまりです。ただの食べかす・磨き残しではなく「細菌」を含んでいるのが特徴で、時間が経過するごとに虫歯や歯周病を引き起こす細菌数は増加していきます。プラーク1mg中には300億個の細菌が存在しています。

プラークは口臭の原因になることがあります。プラーク中の細菌がメチルメルカプタンなどの臭いの強いガスを生じるからです。また、プラークが原因で歯周病が進行すると歯周ポケットから膿が出るようになり、歯周病特有の嫌な臭いを発するようになります。

歯垢自体はやわらかいのですが歯の表面にしっかりと付着しているのでうがいだけではきれいに取り除くことができません歯ブラシや歯間ブラシを使用して「磨き取る」必要があります。「時間がないからとりあえずうがいだけ」ではきれいにすることはできていないのです。

 

【歯石とは】

歯石とはプラークが唾液に含まれるカルシウムやリン酸により石灰化し硬い石のようになってしまったものです。

プラークを放置すると徐々に石灰化が進行し、約2週間で硬い歯石が形成されます。

歯石自体はただの塊で悪さはしませんが、表面が粗造でありプラークがより付着しやすくなり、結果として歯や歯肉に悪影響を及ぼす原因となります。

プラーク中の細菌や病原因子はお口の中だけでなく全身にも悪影響を及ぼすことが分かっていますので、付着してしまった歯石はきれいに除去する必要がありますが、プラークよりも硬くしっかりと歯に付着してしまっているので歯ブラシや歯間ブラシでは除去することができません。歯科医院で超音波スケーラーなどの特別な道具を使って除去しなければなりません。

歯石になってしまう前にセルフケアでプラークを除去することがお口や体の健康を保つ上でとても重要です。定期的に歯医者を受診し、プラークをしっかり落とせているか、歯石の付着はないかチェックするようにしてください。当院では3~4カ月ごとに定期受診・歯のクリーニングをすることをお勧めしています。

 

【治療例:下の前歯の歯石除去】

下の前歯の内側は歯石が付着しやすい場所です。矯正治療を行い保定のためにワイヤーを接着させている方は特に注意が必要です。歯と歯の間が歯石で埋まってしまっていることも。時々合わせ鏡でチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

歯石を除去しもとの綺麗な歯の形に戻りました。歯と歯の間もすっきりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お口の健康維持でコロナに負けない身体づくりをしましょう。

ご予約はお電話もしくはネット予約で承ります。

ページトップへ戻る