歯がしみる:歯と歯肉の境目のくさび状欠損|日本橋で歯医者をお探しならTI歯科医院まで

  • 0336668818
    • 診療時間
    • 10:00~13:00 / 14:00~19:00 ※土日祝休診
  • ネット予約はこちら

治療例のご紹介

歯がしみる:歯と歯肉の境目のくさび状欠損

2020.10.30

普段は何も感じないのに冷たいものを口に含むと歯がしみる場合、まず初めに考えられる原因には虫歯と知覚過敏があります。

知覚過敏は歯肉が下がりエナメル質に囲まれていない歯の根の部分が露出することにより生じることが多く、特に「くさび状欠損」が生じていると知覚過敏も生じやすく症状も強く出やすいと言えます。

冷たい水がしみたり歯ブラシでこすると痛む方は一度ご自身の歯と歯肉の境目を鏡でよく観察してみてください。下の写真のようにくさび状に歯が欠けていないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

くさび状欠損ができる理由は明らかにされていませんが、噛み合わせや強いブラッシング圧、酸性飲食物の過剰摂取など様々な要因が重なり合って生じると考えられています。

くさび状欠損が見つかった場合、ご自身でまずできること、見直していただきたいことは「歯みがき」です。

硬すぎる歯ブラシを使っていませんか?

歯ブラシを強く歯にあててこすっていませんか?

横向きにゴシゴシ歯ブラシをスライドさせて磨いていませんか。

当てはまることがあればぜひ改善してみてください。

 

くさび状欠損は知覚過敏を生じるだけでなく象牙質が露出することによりむし歯にもなりやすくなります。くさび状欠損の治療法としてはコンポジットレジンやグラスアイオノマーセメントを充填する方法が一般的で保険診療で受けることができます。これにより痛みを軽減し更なる欠損の進行を予防することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

上の歯の左奥の銀歯から手前4歯分のくさび状欠損にコンポジットレジンを充填しました(銀歯は今回は外さずにコンポジットレジン充填のみとしました)。痛みが軽ければ治療時に麻酔をする必要もなく一回の診療で終了します。お食事もすぐに召し上がっていただけます。

ただし、あまり小さい(浅い)くさび状欠損にコンポジットレジンを充填することはできません。充填したコンポレジンが張り出しかえって汚れがつきやすくなってしまうからです。そのような場合は、前述したようにまずはご自身の歯みがきを今一度見直していただくことが良いかと思います。

 

「くさび状欠損」が気になる方、ご予約はお電話もしくはネット予約で承ります。

 

 

ページトップへ戻る