金属アレルギーの方の歯科治療|日本橋で歯医者をお探しならTI歯科医院まで

03-3666-881803-3666-8818
  • 診療時間 10:00~13:00/14:00~19:00
  • 休診 土・日・祝日

治療例のご紹介

金属アレルギーの方の歯科治療

金属アレルギーを発症し、治療は行っているが今一つ症状が改善されない方、もしかするとお口の中の歯科金属が原因となっているかもしれません。

そのような方にはパッチテストなどのアレルギー反応検査を行っていただき、原因となっている金属を特定し選択的にお口の中の金属をより安全な材料に置き換えること(原因除去療法)が望ましいと言われております。しかし、より安全な材料の代表であるセラミックスの詰め物や被せ物は保険が効かず自費診療となるため、治療費の面でなかなか治療に踏み切れないでお悩みの方も多いかと思います。

最近になり、部分的な歯の詰め物(インレー)については、歯質接着システムの発展に伴い、大臼歯においてもコンポジットレジンによる修復(保険適用の治療です)が可能となっており、また小臼歯のハイブリッドレジンクラウン(CAD/CAM冠)が保険適用になったことに続き、大臼歯についても、歯科用金属を原因とする金属アレルギーを有する方に限りますがCAD/CAM冠が保険適用となりました(ただし、大臼歯に適用する場合には医科または医科歯科併設医療機関の依頼状が必要となります)。

(下顎第一大臼歯についても、上下顎の第二大臼歯が存在し咬合が安定しているという条件がありますが、CAD/CAM冠が保険適用となりました。こちらについては金属アレルギーの診断書等は必要御座いません。)

確かに、小臼歯や大臼歯には長期的に安定した治療成績が望めるオールセラミックスインレーやクラウンを装着する方が良いのかもしれませんが、金属アレルギーの方にとってはなんとかいち早くお口の中の金属を取り除いてしまいたいという気持ちの方が大きいかと思います。これらのことを踏まえ、個人的にはまずはできる限り保険適用内でより安全な材料に置き換え、機会を見てさらに長期的に安定したものへと作り変えていく事も選択肢として「あり」かと考えております。

当院は患者様それぞれの社会的・経済的事情を考慮に入れ、より負担の少ない治療方針をご提示できるよう努めております。

 

このページの先頭へ