舌の口内炎:歯の接触が原因のケース|日本橋で歯医者をお探しならTI歯科医院まで

  • 0336668818
    • 診療時間
    • 10:00~13:00 / 14:00~19:00 ※土日祝休診
  • ネット予約はこちら

治療例のご紹介

舌の口内炎:歯の接触が原因のケース

2019.04.09

舌は歯列に囲まれ口腔の中心に位置します。そのため、どなたでも常に歯に接しこすれているのですが、歯の「とがり」や「傾斜」等のきっかけによって口内炎ができてしまうこともあります。そうした場合、その原因を除去しない限り症状が軽快しづらく、難治化してしまうこともしばしばあります。

 

〈治療例〉

2か月前より右舌側縁に口内炎ができたのを自覚。近医受診したが悪いものではないと診断され経過を見ていたが症状軽快せず当院初診。しみる痛みのため食事が困難であり体重も減少しているとのこと。初診時右舌側縁には境界明瞭で約10mmに及ぶ潰瘍を認めた。硬いしこりは触知しなかった。舌を運動させ観察したところ、右下臼歯の舌側咬頭に舌がこすれている様子が見られた。右下臼歯の舌側咬頭が鋭角であったためこれが口内炎を難治化させていると考え、鋭角部をエナメル質範囲内で切削して丸め研磨した。デキサルチン軟膏とアズノールうがい液を処方しこの状態でしばらく様子を見るよう指示した。

 

 

 

 

約2週後症状は軽快傾向にあり、食事も大分楽になったとのこと。右舌側縁の口内炎も縮小化していた。この時点でデキサルチン軟膏の処方はやめアズノールうがい液のみ処方した。

 

 

 

 

 

 

 

さらに10日後、舌の痛みはほぼ解消し、右舌側縁の口内炎もほぼ消失していた。食事も問題なく摂れるようになったとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

今回のケースのように、症状の原因を精査し取り除くことで治癒を早めることができる場合もあります。また、歯の切削についても必要最小限にとどめエナメル質に限局させたため、しみる等の症状も見られず、詰め物や被せ物を改めてする必要もありませんでした。

尚、当院は大学病院と連携し、より難治化した症例や悪性が疑われる症例については速やかに紹介ができるような体制を整えています。

口内炎がなかなか治らない場合には早めに歯科や耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。

 

ページトップへ戻る