保険の白い歯 CADCAM冠の特徴|日本橋で歯医者をお探しならTI歯科医院まで

    • line
    • 0336668818
    • 診療時間
    • 10:00~13:00 / 14:00~19:00 ※土日祝休診
  • ネット予約はこちら

ブログ

保険の白い歯 CADCAM冠の特徴

2018.11.05

2014年からCADCAM冠が保険導入されて以来、材料の開発、向上が進められ2022年6月時点においては、適用条件はあるものの第二大臼歯を除くすべての歯に適用することができるようになりました。

金属を使わずに保険適用で白い歯ができることは大きなメリットですが、当然デメリットもあります。CADCAM冠の特徴を簡単に説明しますのでよく理解して選ぶようにしてみて下さい。

 

CADCAM冠とは

「CADCAM」とは技工物の作り方のことで「Computer Aided Design Computer Aided Manufacturg」を略したものです。

コンピューターが患者様の歯の模型から修復する歯の最適形態をデザインし、さらに3次元切削機が四角いブロックを歯型に削り出し製作される冠をCADCAM冠と言います。

 

材料

プラスチック(レジン)にセラミックを混ぜ合わせたハイブリッドレジンと呼ばれる材料が使われます。

 

強度・耐久性

歯のエナメル質よりも軟らかく、変色や吸水を生じます。

審美性

天然の歯やセラミックに比べると透明感にかけます。色のパターンが限られているのでご自身の歯にベストマッチする色を選ぶことができない場合があります。

 

長期経過・トラブル

長期経過で多いトラブルは脱離、摩耗、変色です。

脱離

冠が割れることはほとんどないのですが、金属冠やセラミッククラウンに比べると外れやすいと言えます。もし外れた場合にはそのままお持ち頂ければきれいにして再装着します。劣化が著しい場合には作り変える必要があります。

摩耗

エナメル質よりも軟らかいため長期経過のうちに摩耗して噛み合わせが変化することがあります。変化が顕著な場合には作り変える必要があります。

変色

表面性状と吸水性から、初めに表面の艶が消失し、変色や着色を起こします。表面的な着色は磨いて落とすことができますが内部的な変色は磨いても変わりませんので、気になるようであれば作り変える必要があります。

 

CADCAM冠を適用できないケース

噛みしめる力が強い場合や、歯ぎしり・食いしばりが顕著である場合には適用できません。また、歯を削る量が多くなりますので、神経の残っている歯、特に前歯で神経の残っている歯には適用することが難しい場合があります。基本的には神経を抜いている歯に対して適用することがほとんどです。

 

治療費

装着する部位によって多少異なりますが、削る費用や型どりする費用を含めて約9,000円程度かかります。このほかに初診料や再診料、レントゲン撮影料等が加算されます。

 

治療回数

根の治療がきちんと終わっている場合には最短2回で終了します。

既に金属が被っている歯のやり直しの場合、被せの中の虫歯が大きかったり、根の再治療が必要となるような場合にはその分治療回数が多くなります。大きな問題がなければ最短2回で終了します。

 

以上、CADCAM冠の特徴について簡単にご説明いたしました。

 

ページトップへ戻る