歯ぐきの黒ずみ:ガムピーリング|日本橋で歯医者をお探しならTI歯科医院まで

  • 0336668818
    • 診療時間
    • 10:00~13:00 / 14:00~19:00 ※土日祝休診
  • ネット予約はこちら

治療例のご紹介

歯ぐきの黒ずみ:ガムピーリング

2018.07.31

歯のホワイトニングは日本でも広く普及するようになりましたが、黒ずんだ歯ぐきもきれいなピンク色に取り戻す方法があります。

当院では薬剤(フェノール、エタノール)を使用したガムピーリングを行っております。

歯ぐきが黒ずむ原因としては

1.喫煙、日焼け、口呼吸、強圧のブラッシングによる刺激などで生じるメラニン色素の沈着

2.金属を使用した被せ物の影響

3.歯周病による歯肉の炎症

などがあげられます。

このうちガムピーリングは「1」が原因の方のみが対象となります。


ガムピーリングの方法は

①歯ぐきの消毒、表面麻酔塗布

②フェノール剤塗布

③エタノール剤塗布

④水洗乾燥

の順に行い、これを3回繰り返します。時間は30分ほどかかります。

塗布直後から2~3日で歯ぐきが白くなり、1週間ほどかけて白い部分が剥がれ綺麗な歯ぐきに置き換わります。

1度で綺麗になる方もいらっしゃいますが、黒ずみが強い方は何回か薬剤塗布を繰り返す必要があります。


費用は1回あたり¥5,000+税となります。

但し、初回は保険診療で歯周病の検査やレントゲン撮影を行いますので、初診料を合わせて別途¥3,000ほどかかります。


ガムピーリング後は十分に水洗浄いたしますが、しばらく薬剤特有のにおいや味が残ることがあります。また個人差がありますが痛みを伴うことがあります。やけどをしたようなヒリヒリ、ジンジンする痛みで、意識しなければ我慢できる程度の痛みですが、どうしても我慢できない方には必要に応じて鎮痛剤をお出しいたします。


ガムピーリング後の注意事項は次の通りです。

①刺激の強い飲み物や食べ物を控え安静に保ってください。

②歯ぐきが白くなった部分を無理やり剥がすようなことをせず、自然に剥がれるのを待つようにしてください。


薬剤を使用することによる全身への害はございませんが、フェノール、エタノールにアレルギーのある方は施術できません。

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る