ホームホワイトニング|日本橋で歯医者をお探しならTI歯科医院まで

03-3666-881803-3666-8818
  • 診療時間 10:00~13:00/14:00~19:00
  • 休診 土・日・祝日

治療例のご紹介

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは歯のホワイトニングのうち、ご自宅など診療室外のお好きな場所、時間帯で行っていただくホワイトニングです。型どりをして作製する専用のマウスピースにホワイトニングジェルを入れ1日2~4時間装着します。通常2~3週間で終了します。最終的な白さの具合は個人により異なり、また同じお口の中でも歯の種類によっても異なります。オフィスホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングを行うと、より短期間で白さを実感することができます。


ホワイトニングは過酸化水素の漂白作用を利用しており、その濃度によって効果のあらわれ方、特に時間が異なります。ホームホワイトニングではオフィスホワイトニングで使用する薬剤よりも濃度の低いものを使用しますので、白さを実感するまでの時間はかかります。しかし、濃度が低く刺激が少ないためオフィスホワイトニングよりもより歯の内部まで薬剤を浸透させることができ、そのためホワイトニング効果が長続きします。オフィスホワイトニングの効果が3~6か月に対し、ホームホワイトニングの効果は6~12か月続くと言われています。


当院で使用しているホワイトニングジェルは

ティオンホーム(GC)過酸化尿素濃度10%:1日2時間使用(メーカー添付文書より)

オパールエッセンス(ウルトラデント)過酸化尿素濃度20%:1日2~4時間使用(メーカー添付文書より)

の2種類です。濃度の高いものを使用すればその分効果のあらわれる時間も早くなりますが、人により知覚過敏が強く現れる場合があります。たとえ濃度が低くても時間がかかるだけでゴールの歯の白さに違いはありません。


被せ物やむし歯による着色、また神経が無くなっている歯の変色に対してはホワイトニングの効果はありません。ホワイトニング終了後、周りの歯の色に合わせて再治療する必要があります。


当院がホームホワイトニングの対象としている歯は第一小臼歯間の上下合わせて16歯としています。費用は上下マウスピース作製料、薬剤約2週間分を含めて¥20、000+税となります。但し、初回は保険診療にてむし歯の診査、歯周病の診査、レントゲン撮影等を行うため別途¥3、000程度の治療費がかかります。

追加購入の薬剤はティオンが1本¥2、000+税、オパールエッセンスが2本¥2、000+税となります。

尚、デュアルホワイトニングは2回分のオフィスホワイトニングがセットになり¥30,000+税となります。


ホームホワイトニングの流れは次の通りです。

①初回はホワイトニングが適用可能か、お口の中のむし歯や歯周病の診査をした後、問題がなければマウスピースの型どりを行います。問題ない場合で30分~40分ほどかかります。

②2回目来院時にマウスピースとホワイトニングジェルをお渡しし説明を行います。20分~30分ほどかかります。デュアルホワイトニングをされる方はこの時1回目のオフィスホワイトニングを行います。さらに50分ほどかかることになります。

③1週後に様子を見るために来院していただきます。強い知覚過敏症状が出てしまっているなどの問題なければそのままホームホワイトニングを継続していただきます。問題ない場合で10分~20分ほどかかります。デュアルホワイトニングをされる方はこの時2回目のオフィスホワイトニングを行います。さらに50分ほどかかります。

④さらに1週後に様子を見るために来院していただきます。ご希望の歯の色になっていればこれでホームホワイトニングは終了とします。もう少し白くしたい、白くできる状況であるという場合には引き続きホームホワイトニングを継続していただきます。ホームホワイトニングを継続される場合にはさらに1週後に確認のため来院していただきます。また、ホワイトニングジェルが無くなってしまった場合には追加購入していただきます。

※ホワイトニングをしている期間は喫煙や夕食飲食物を(紅茶、コーヒー、赤ワイン、カレーなど)を控える様にしてください。


ホワイトニングの副作用として代表的なものに知覚過敏があります。水や空気がしみて痛む様になってしまったらホワイトニングを直ちに中止して下さい。刺激の強いもの、冷たい飲み物などの飲食を控え安静にしてください。ほとんどの場合時間の経過とともに痛みはなくなります。また痛みが治まるまでホワイトニングを再開しないで下さい。1回のホワイトニングの時間を短くすることにより痛みにくくすることができるので、時間の調整をしてみて下さい。

また、ホワイトニングジェルが歯肉に着くと歯肉が白く変色することがあります。ピリピリとした痛みを伴うこともありますが、時間の経過とともに白変も痛みもなくなります。ホワイトニングジェルを入れたマウスピースからジェルが歯肉にはみ出てしまった時にはティッシュなどでふき取るようにしてください。また、このような時はマウスピースに入れるジェルの量が多すぎる場合がほとんどなので、次回以降は量を加減するようにしてみて下さい。


ホワイトニングの効果をより長続きさせるためにはホワイトニング専用の歯磨き粉を使用するのが有効です。ポリリン酸ナトリウムやピロリン酸ナトリウムなどの有効成分が含まれている歯磨き粉を選んでみて下さい。当院ではピロリン酸ナトリウムが含まれているブリリアントモア(ライオン)をご用意販売しております。

このページの先頭へ