小臼歯の白いかぶせ物(ハイブリッドレジンCAD/CAM冠|日本橋で歯医者をお探しならTI歯科医院まで

03-3666-881803-3666-8818
  • 診療時間 10:00~13:00/14:00~19:00
  • 休診 土・日・祝日

治療例のご紹介

小臼歯の白いかぶせ物(ハイブリッドレジンCAD/CAM冠)

平成26年4月から小臼歯(犬歯の後ろ2本、前から数えて4、5番目の歯)に対するハイブリッドレジンCAD/CAM冠を用いた治療が保険適用となりました。

これまでも保険治療で小臼歯に白いかぶせ物を装着することはできましたが、材質がレジン(プラスチック)に限られていたため、非常に割れやすく、またすり減りやすいことからあまり用いることはありませんでした。必然的に小臼歯には銀歯を被せることになり、審美性(見た目)が問題になることも多くありました。

ハイブリッドレジンとは、レジンにセラミックの粉末を混ぜ合わせることで、レジンの弱点である脆さ(割れやすさ)を改善させた材料です。CAD/CAM冠とは、コンピューターが形を設計し、機械がその設計図に合わせて製作して出来上がるかぶせ物のことです。保険適用外のオールセラミック冠に比べれば強度と色調は劣りますが、比較的安価(費用は約9,000円です。この他に初診料や再診料、検査料が加わります。)で白い歯にできることは大きな長所と言えるでしょう。さらに、金属を使用しないため金属アレルギーを起こすこともありません。欠点は、時間の経過とともに少しずつ変色してしまうこと、強度を保つために銀歯をかぶせる場合よりも歯を削る量がやや多いことがあげられます。

小臼歯は大きく笑うと口角からチラリと見える歯です。銀歯が気になって人前で思い切り笑う事ができない、白い歯にしたいがなるべく費用をかけたくない、という方にはハイブリットレジンCAD/CAM冠をお勧めいたします。

 

<治療例>

ハイブリッドレジンの厚みを確保し強度を得るために、銀歯を入れる時よりも若干削る量が多くなります。

DSC_0066圧縮

 

 

 

 

 

 

装着するハイブリッドレジンCAD/CAM冠です。

DSC_0065圧縮

 

 

 

 

 

 

すでに銀歯が装着されている場合でも、検査の後それを外して入れかえることも可能です。詳細につきましては、お気軽に当院までお問い合わせください。

 

このページの先頭へ